top of page

​会員登録がWEBフォーム受付でOK

Ölive TOP

8月11~12日(祭日)
愛媛最大のBMXイベント開催!!

OMORO_24_01.JPEG

四国最大級のBMXのお祭り
ÖMÖRööö!!!!2024 今年も開催

イベント内容

ÖMÖRööö!!はÖLIVEの周年イベントとして、多彩な企画をJAM SESSION形式で行います。
 

  • ベストライダーを参加ライダー・オーディエンスによりネット投票にて選出

  • デスマッチ(BMXライダーの生存競争)

  • ハイエアーJAM

  • 観客参加型イベント(ガリガリ君早食い競争、ストリートけん玉デモ、うつぼ屋クイズなど)

  • 無料ドリンク提供

  • ライダーパーティー
     

ゲストライダーは、世界が認めたプロライダー宮地凌汰が参加!!


※雨天決行・荒天時は中止

イベント名:ÖMÖRööö!! 2024

開催日:8月11・12日(日・月曜日)

場所:ÖLIVE BMX PARK

Gallery
会員登録
Öliveとは

ÖLIVE=今、この街に住んでいる

「子供たちが楽しく暮らせる街づくり」なんて、よく色んな方々がおっしゃいますよね。

でも「子供たちが作った街は楽しい!」の方が良いと思いませんか?

我々松山市アクティブ・スポーツ協会がお手伝いできるのはあくまで場所だけです。

ÖLIVE(オリーブ)は子供たち自身で理想の遊び場を作ってほしいと願った場所(パーク)です。

 

その呼び名(オリーブ)について、聖書の一説、『ノアの箱舟』の話を引用します。
堕落した人々に怒った神は、大洪水を起こして一掃しようとします。
ただし、正しい行いをしたノアが箱舟を作れば命を守ることを約束しました。
ノアが作った箱舟は、東京にある有名なデパートよりもずっと大きなものだったと言われ、
ノアは洪水から逃れるために、動物たちと共に、
40日40夜、箱舟に乗って大洪水が収まるのを待った、という有名な話です。

大洪水が終ったかどうかを知るために、ノアは箱舟からハトを飛ばしました。
最初のハトは降りる場所がなく、すぐに戻ってきました。
次に放したハトはオリーブの小枝を口にくわえて戻ってきたことから嵐が収まってきたことを感じ、
最後飛ばしたハトは舟にもどって来ることはなかったことから、地上に平和が甦ったことを知ったそうです。
この話から、オリーブの木は平和を表す象徴とされています。


子供たちが考え、ルールを決めて、助け合い、自分たちの場所を作る。

そんな素敵な光景を間近で見られる特等席。

それがÖLIVEです。

それが「今、この街に住んでいる」証です。

ÖLIVEメンバー登録方法がWEBフォームになりました

  • ÖLIVE BMX PARKは会員制です。

  • ÖLIVE BMX PARKを使用する場合は、必ずメンバー登録が必要です。

  • ÖLIVE BMX PARKは現在、使用料無料です。

  • メンバー登録フォームより、メンバー登録をお願いいたします。​

【注意】登録後に必ずInstagramのDMで

「登録したよ!」と連絡してください。

ÖLIVEメンバー登録の流れ

ÖLIVEメンバー登録フォームの規約内容を
承諾された方は、必要事項を記入してください。
※最後に「送信」を押す。

「送信」後に開かれた
受付完了ページに記載している
「会員限定公式LINEグループ」の
URLをタップして
「​友だち追加」を必ずしてください。

InstagramのDMより登録完了の連絡をする。
 


ASK事務局にて登録フォームを確認後
ÖLIVEメンバーズカードを来常時にお渡しします。

  • ホワイトInstagramのアイコン

ABOUT

US!

ÖLIVE BMX PARK
住所:〒 791-0111
   愛媛県松山市上伊台町 乙431-3​
電話:089-989-3914

olive@matsuyama-ask.com

開場時間:OPEN10
:00 CLOSE 夕暮れ

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
About
Representation

contact

管理運営

公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団加盟団体
ASK
松山市アクティブスポーツ協会


住所:愛媛県松山市余戸中1丁目6-11

​電話:089-989-3914
mail@matsuyama-ask.com

  • グレーFacebookのアイコン
  • グレーTwitterのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン

Thanks for submitting!

bottom of page